プーアール茶とはどんなお茶でしょうか。

ダイエットドリンクとして人気のプーアール茶。

苦みの少ない穏やかな味で、濃く淹れても渋くならず、中国茶が苦手な方でも飲みやすいのが特徴です。
いったいどんなお茶なのでしょうか。

プーアール茶の原産地は、中国雲南省、高山地帯です。

その特徴は、お茶を二回発行させる、後発酵という方法で作られているということ。

この独特な発酵方法によって、他のお茶にはない、独自の成分が生まれました。

それが、重合型ポリフェノールと没食子酸(もっしょくしさん)です。

反面、発酵によって緑茶に豊富なビタミンCは失われています。

だから、同じお茶でありながら、緑茶とプーアール茶の健康効果は、変わってくるのです。

プーアール茶の健康効果として有名なのは、何と言ってもダイエット効果でしょう。

食べた脂肪が胎内に吸収されるのを抑える効果と、体の脂肪を燃焼させる効果、その二つの効果があるとされています。

まず脂肪の吸収を抑える効果ですが、これには重合型ポリフェノールと没食子酸の二つの成分がかかわってきます。

どちらも体内での脂肪を消化するのに必要な胆汁と結びつきやすく、脂肪が吸収可能な形に分解されるのを防いでくれます。

胆汁酸の作用を受けなかった脂肪は、そのまま体の外に排出されることになるのです。

また、脂肪燃焼の効果ですが、プーアール茶を飲むことにより、中性脂肪を燃焼させる効果があるということが、実験によって明らかになっています。

実はプーアール茶には、体を温め冷えを防ぐという効果もあるので、代謝がアップすることによる脂肪燃焼効果も期待できるといえるでしょう。

プーアール茶に含まれている重合型ポリフェノールと没食子酸は、いずれも強力な抗酸化作用を持つポリフェノールです。

この抗酸化作用により、アンチエイジングや、腸内環境の改善効果が期待できます。

またカフェインは体の水分排泄を促す効果があるので、むくみ解消やデトックスといった面でも効果的です。

このように様々な効果のあるプーアール茶ですが、あくまでもお茶なので、飲みすぎには注意してください。

また、いくらダイエットに良いといっても、その効果はあくまでも補助的なものにすぎません。

もちろんプーアール茶にもカフェインは含まれます。

コーヒーや紅茶、緑茶に比べると少ないとされていますが、体質的にカフェインに弱い方や妊娠・授乳期の女性は注意が必要です。

また、寝る前に飲むことなどは控えましょう。

(東京 はじめっちゅさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です